日本臨床細胞学会雑誌第58巻第1号

編集委員巻頭言 冨永 英一郎

〈総  説〉
分葉状頸管腺過形成(lobular endocervical glandular hyperplasia:LEGH)
と細胞診
山梨大学医学部産婦人科
端 晶彦・他 ・・・・・・・・( 1 )

〈原  著〉
細胞診退色標本における再染色法の検討
帝京大学医療技術学部臨床検査学科
島田 智子・他 ・・・・・・・( 9 )

〈症  例〉
乳児に発生した胃原発未熟奇形腫の1例
川崎医科大学附属病院病院病理部
米 亮祐・他 ・・・・・・・・( 17 )

悪性胸水で発症し,細胞診で原発巣の推定に苦慮した甲状腺乳頭癌の1例
宮城県立がんセンター病理診断科
伊藤しげみ・他 ・・・・・・・( 22 )

術前細胞診で典型像を欠き診断に苦慮した脊索腫の1例
日本医科大学付属病院病理診断科
酒田 美香・他 ・・・・・・・( 29 )

〈短  報〉
Microcystic stromal tumor of the ovary—Case report—
Divsion of Pathology, Tsuboi Cancer Center Hospital, Fukushima
Miho Kobayashi, et al. ・・・( 35 )

投稿規定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・( 38 )

ヘルシンキ宣言 ・・・・・・・・・・・・・・・( 45 )

人を対象とする医学系研究に関する倫理指針 ・・( 49 )

編集委員会 ・・・・・・・・・・・・・・・・・( 72 )

〈表紙写真〉
乳児に発生した胃原発未熟奇形腫
(左:パパニコロウ染色,右:H-E 染色)
(米 亮祐・他,左:Photo. 2b,18頁,右:Photo. 5d,19頁)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。